女性が本音で選んだ!No.1上質肌クレンジング最新ランキング

正しいクレンジングの方法は?

「今日は疲れていてもう何もしたくない」「うとうと眠くなって起き上がりたくない」と思った時に、良くないとはわかっていながらメークを落とさずにそのまま寝てしまった…という経験がある方も多いのではないでしょうか?
メークをしたまま寝ると、具体的にはお肌にどんな影響が出るのかをご紹介いたします。

メークをしたまま寝てしまった時のお肌への影響

メークをしたまま寝てしまうとニキビ等の肌トラブルの原因になるだけでなく、肌の老化を加速させてしまうほどの大きなダメージをお肌に与えてしまいます。
ファンデーションは特に肌との密着度が高く、油性成分や顔料が多く使用されているので、落とさずに寝てしまうと汗や皮脂と混ざり合って酸化し、過酸化脂質に変化していきます。

さらに、ファンデーション以外のホコリやPM2.5、花粉などの微粒子汚れもお肌の表面に付着したままになると、肌に悪影響がでてしまいます。
その汚れが毛穴に入り込んでしまうと、くすみや肌荒れ、色素沈着などのトラブルが起こりやすくなり、肌の老化へと繋がっていくのです。

「メークを落とさないで寝てしまうと肌が約10日老ける」とも言われているので必ずメークは落としてから寝るようにしましょう。

うっかりメークをしたまま寝てしまったら?

うっかりメークをしたまま寝てしまった時には、その後のトラブルをできるだけ回避するためにも起きてすぐにメークを落として、洗顔をし、お肌を清潔な状態にしましょう。
いつもより念入りにクレンジングをして、お肌に付着している汚れや余分な油をしっかりと落とし、洗顔料をたっぷりと泡立てて毛穴をキレイに掃除するように洗顔します。

お肌を清潔な状態にしたら、次は念入りに保湿をします。
メークをしたまま寝たことでお肌は大きな負担がかかっている状態なので、やさしく丁寧にケアをしてあげてください。
しっかりと保湿をしてあげることで、お肌のダメージを回復させてあげてくださいね。

メークや皮脂汚れを落とすためのクレンジングですが、間違った方法で行うと、思わぬ肌トラブルを招く原因になってしまいます。
キレイになるためのスキンケアで肌トラブルが起こっていては本末転倒ですよね?
そこで、ここでは正しいクレンジングの方法をご紹介いたします。

基本は素早く丁寧に

クレンジングの基本は「素早く丁寧に落とすこと」です。
メークとよく馴染ませて、浮かせてから落とすようにしましょう。

クレンジング剤を、5本の指先で力を入れずにくるくるとやさしく円を描くように動かしながら馴染ませていきましょう。
時間をかけた方がメイクをしっかり落とせるような気がしますが、時間をかけすぎるのは厳禁です。
乾燥や肌荒れ等の肌トラブルの原因になります。

また、時間をかけずにクレンジングをするために力を入れてゴシゴシこすると、摩擦が生じるため、角層を傷つけてしまい、バリア機能が低下して肌トラブルを招く原因になりますので注意しましょう。
さらに、クレンジング剤がもったいないからと少ない量でメークを落とそうとすると、お肌との間に摩擦が生じて角質を傷つけてしまいます。
たっぷりの量のクレンジング剤をメークや汚れに馴染ませるようにして使用してください。

クレンジングの順番は?

重ね付けしたマスカラや、ウォータープルーフタイプの化粧品等は肌への密着性も高く、通常のクレンジングでは落としきれない可能性があります。
なので、ポイントメークは先に落としておくのがオススメです。

クレンジングをコットンにたっぷりと含ませて、落としたいメークの部位に約30秒間程置き、その後やさしくふきとるように落としてください。   落ちにくいポイントメークを落としたら、次に皮脂が一番多いTゾーンのメークを落としましょう。
次に、顎の中心から耳の付け根…一般的にUゾーンと呼ばれている部位に向かって、螺旋を描くように動かしながら、クレンジングを馴染ませていきます。

次に、顔の中心から皮脂の少ない部分である外側に向かって馴染ませていきます。
皮脂が多い部分から少ない部分へと順番に落としていくと覚えておいてください。
クレンジングを全体的に馴染ませたら、すぐにぬるま湯で素早くすすいで洗い流してください。

お湯が熱すぎると、肌の余分な皮脂まで落としてしまい、乾燥を引き起こしてしまいますし、冷たい水だとメークの油分を落としきれないことがあります。
すすぐ時もお肌をこすってしまわないように、手ですくったぬるま湯を顔にかけるようなイメージで洗い流していきましょう。

Copyrights © No.1上質肌クレンジングオイル最新ランキング All Rights Reserved.